ネット社会の罠

こんなポップアップ広告です。ざけんな

こんにちわ。卒論を書いている途中に、いきなりポップアップ広告があらわれ、ネットにつながるという症状が出て、キレ気味で対処したchikiです。

こんなの→

その広告には次のように書かれていました。

【引用】
「Your computer may be recording many or all of your Internet Activites without your knowledge」

【chiki訳】(適当)
「あんたのコンピューター、知らないうちにヤバイかもしれませんぜ。いっひっひ」

こんなメッセージが書いてあるので、ついついクリックしたくなるのですが、実はそれが罠。不安を煽ることで「Intenet Washer」(ネット洗濯機?)というアプリケーションの有償版を、強引に買わせようという手口なのです。

ちなみに、この「Intenet Washer」というのは、なんとセキュリティソフトだとか(爆)。人のセキュリティに勝手に侵入して罠を貼り、セキュリティソフトを売りつけようとするなんて、消防士が放火して消火する如し、医者が怪我をさせて治療するが如し!

「あんたは不幸だ!」「危機が迫っている!」的なことを言ってけったいなものを売りつけようとする悪徳商法の論理は、ネット社会でも変わりません。

ただ、リテラシーや経験、知識がないと、すぐに騙されてしまいます。
2ちゃんねるの管理人、ひろゆき氏の名言「嘘を嘘と見抜ける人でないと(2ちゃんねるを使う事は)難しい」というものは、なるほど流石に的を得ています。


しかし、何故chikiはそんな罠にひっかっかったのでしょう?

実はよく分かりません。


ただ、明日はわが身。皆さんのために、対策ページのリンクを張っておきます。同じ被害は、多く報告されているみたいなので。

ただ…




リンク先のタイトルを見て判断しないでくださいね!






対策ページはこちら。(http://higaitaisaku.web.infoseek.co.jp/removewasher.html





リンク先を見た人の、予想されるであろう感想。



「またまた〜、そんなこと言っちゃって〜」
「いや〜、なるほどね〜」
「そういうことか」
「ふっふっふ」
「寂しかったくせに〜」



(゜Д゜;≡;゜д゜)な、なんだよう!!


勝手に判断しないでくださいね!


ほ、ほら、「必ずしもアダルトサイトから受けた被害の対策だけとは限りません」って、サイトにしっかり書いてるでしょ?

「限らない」って、書いてあるでしょ!?

う、疑われてる〜(汗)。



そ、そんな目でみるな〜(滝汗)



ひ〜(ナイアガラ汗)






アダルトサイト見たっていいじゃないか…(涙)